test

scroll
文化でつながる。未来とつながる。The future is art Tokyo.Tokyo Festival

開催期間Event Period

Tokyo Tokyo Festival スペシャル13

パビリオントウキョウ2020
2020年6月–9月

Tokyo Tokyo Festival Special 13

Pavilion Tokyo 2020
June–September, 2020

パビリオン・クリエイターPavilion Creators

藤森照信、妹島和世、藤本壮介、
平田晃久、石上純也、藤原徹平、
会田誠 他

Terunobu Fujimori, Kazuyo Sejima, Sou Fujimoto, 
Akihisa Hirata, Junya Ishigami, Teppei Fujiwara, 
Makoto Aida, and more…

企画・キュレーションProducer & Curator

ワタリウム美術館

Watari-Um, The Watari Museum of Contemporary Art

主催Organizers

東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団
アーツカウンシル東京、パビリオン・トウキョウ
2020実行委員会

Tokyo Metropolitan Government, Arts Council Tokyo
(Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture),
and Executive Committee of Pavilion Tokyo 2020

開催概要Outline

Tokyo Tokyo FESTIVALとは

オリンピック・パラリンピックが開催される2020年の東京を文化の面から盛り上げるため、多彩な文化プログラムを展開し、芸術文化都市東京の魅力を伝える取組です。

About Tokyo Tokyo FESTIVAL

Tokyo Tokyo FESTIVAL is an initiative that will see a variety of cultural programs unfold in 2020 when the Olympic and Paralympic Games will take place in Tokyo, promoting Tokyo’s appeal as a city of arts and culture.

Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13とは

斬新で独創的な企画や、より多くの人々が参加できる企画を幅広く募り、Tokyo Tokyo FESTIVALの中核を彩る事業として、東京都及び公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京が実施するものです。国内外から応募のあった2,436件から選定した13の企画を、「Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13」と総称し、オリンピック・パラリンピックが開催される2020年にかけて、展開しています。

About Tokyo Tokyo FESTIVAL Special 13

The Tokyo Metropolitan Government and Arts Council Tokyo sought a wide range of creative and innovative ideas from the public for projects that would become the core of the cultural programs for the Tokyo Tokyo FESTIVAL. From a total of 2,436 project proposals submitted from within Japan and overseas, 13 were selected for implementation. The 13 projects are collectively named “Tokyo Tokyo FESTIVAL Special 13” and are being implemented in sequence towards 2020, when the Olympic and Paralympic Games Tokyo 2020 will be held.

お問い合わせContact

パビリオン・トウキョウ2020実行委員会

Executive Committee of Pavilion Tokyo 2020

info@paviliontokyo.jp