TOP パビリオン ニュース ABOUT アクセス 展覧会 スポンサー

MENU

CLOSE

TOP パビリオン ニュース ABOUT アクセス 展覧会 スポンサー

草間彌生 オブリタレーションルーム

©YAYOI KUSAMA
Yayoi Kusama / The obliteration room 2002–present
Collaboration between Yayoi Kusama and Queensland Art Gallery.
Commissioned Queensland Art Gallery. Gift of the artist through the Queensland Art Gallery Foundation 2012
Collection: Queensland Art Gallery, Australia
Photograph: QAGOMA Photography
協力:オオタファインアーツ

「たとえば、身体じゅうに水玉をつける。それから、バックもすべて水玉模様にしてしまう。それがセルフ・オブリタレーション(自己消滅)。あるいは、馬に水玉をいっぱいつけて、バックも水玉にすると、馬のフォルムが消えて水玉と同化してしまう。馬の塊が永遠なものに同化していく。そうすると、私自身もオブリタレイトする。」(草間彌生『無限の網-草間彌生自伝』)、2012年

オブリタレーションルーム/作: 草間彌生 〈本プロジェクト案〉
©YAYOI KUSAMA Yayoi Kusama/ The obliteration room 2002–present
Collaboration between Yayoi Kusama and Queensland Art Gallery.
Commissioned Queensland Art Gallery. Gift of the artist through the Queensland Art Gallery Foundation 2012
Collection: Queensland Art Gallery, Australia Photograph: QAGOMA Photography
協力:オオタファインアーツ

解説

床、壁、家具、すべてが真っ白に塗られた部屋に、鑑賞者が色とりどりの丸いシールを貼っていく参加型のインスタレーションです。会期を通して水玉で埋め尽くされ、次第に部屋が「消滅」していきます。
「オブリタレーション(自己消滅)」とは、草間彌生(1929年〜)にとって1960年代からの長年のテーマです。水玉が身体や空間を覆うことで、自身の身体も他者もすべてが水玉の中に消滅していきます。

©YAYOI KUSAMA 
Yayoi Kusama / The obliteration room 2002–present
Collaboration between Yayoi Kusama and Queensland Art Gallery.
Commissioned Queensland Art Gallery. Gift of the artist through the Queensland Art Gallery Foundation 2012
Collection: Queensland Art Gallery, Australia
協力:オオタファインアーツ
設計サポート:フジワラテッペイアーキテクツラボ 藤原徹平 恩田福子 久米雄志/甘糟ユリ
素材協力:大光電機株式会社/東リ株式会社/株式会社タニタハウジングウエア/日本ペイント株式会社/畳屋 よこうち/株式会社LIXIL
施工:株式会社TANK

鑑賞時間・アクセス

会場:渋谷区役所 第二美竹分庁舎
東京都渋谷区渋谷1-18-21
鑑賞時間:10:00〜18:00 ※1枠20分毎の入れ替え制となります。
*入場には事前予約が必要です。詳細はこちら
毎週月曜日12:00に翌週分の予約を開始いたします。(7/1-10分は6/28(月)に予約開始)

アクセス:
・JR山手線、東急東横線・田園都市線、京王井の頭線「渋谷駅」宮益坂方面出口より徒歩7分 
・東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線「渋谷駅」B1出口より徒歩2分
・渋谷ハチ公バス「美竹の丘」より徒歩1分、「宮下公園前」より徒歩2分

入場に関する注意事項:
※ 事前予約を完了していない方はご入場できません。予約の後、会場へお越しください。

・当日はご予約時間の10分前を目安にお越しください。会場には次回入場のお客様に待機頂く程のスペースしかございませんので、早くご来場されても受付はできません。会場周辺で待機する行為も近隣へのご迷惑となりますので絶対におやめください。
・当日受付時に検温を実施します。37.5℃以上の発熱症状がある方は入場をお断りします。
・申込代表者の方が一度に複数枚申し込みされている場合は、代表者様、お連れ様全員が揃ってから受付へお越しください。
・新型コロナウイルス感染症予防対策の観点より、事前予約の際に同意書への同意、個人情報の登録(お名前・メールアドレス)をしていただいていない申込代表者以外の方には、当日来場時に同意書への同意、個人情報を取得させていただきます。同意頂けない方、個人情報を取得できない方は鑑賞いただけません。予めご了承ください。

事前予約のキャンセル、変更等に関するお問い合わせ:
support@artsticker.app

作:草間彌生

1929年生。幼少期から幻視・幻聴を体験し、水玉や網模様をモチーフに絵画を制作し始め、1957年単身渡米、単一モチーフの強迫的な反復と増殖による自己消滅という芸術哲学を見出し、ネット・ペインティング、ソフト・スカルプチャー、鏡や電飾を使った環境彫刻やハプニングなど多様な展開を見せ、前衛芸術家としての地位を確立。芸術活動の傍ら、小説、詩集も多数発表。代表作に「無限の網」「水玉強迫」「南瓜」「わが永遠の魂」などがある。現在も国内外で精力的に活動を続ける、最も重要な日本人アーティストの一人である。2016年文化勲章を受章。2017年には、国立新美術館で大回顧展を開催。同年、「草間彌生美術館」を東京・新宿にオープン。