TOP パビリオン ニュース ABOUT アクセス 展覧会 スポンサー

MENU

CLOSE

TOP パビリオン ニュース ABOUT アクセス 展覧会 スポンサー

藤本壮介 Cloud pavilion
(雲のパビリオン)

外観があるが壁はなく、しかし内部空間は存在する。しかもその空間は三次元的に非常に複雑でダイナミック。建築では絶対に実現できない、しかし建築的な何かがあるように感じさせる存在が雲なのです。 (藤本壮介)

Cloud pavilion(雲のパビリオン)/設計:藤本壮介〈本プロジェクト案〉

解説

藤本壮介(1971年~)が設計したのは、雲の形をしたパビリオンです。
藤本にとって雲は憧れのような存在だと言い、「とてつもなく大きく、さまざまなものをすべて包み込んでしまう究極の建築」と感じるとも語っています。世界中の様々な国や地域や状況の上に浮かぶ「世界の大屋根」のような存在である雲にインスピレーションを受けて、「全ての人のための場所」というコンセプトのもと、多様性と寛容性を象徴する場所として考案しました。
このパビリオンは代々木公園と高輪ゲートウェイ駅という、自然の中と最新の駅舎という全く異なる2箇所に設置されています。同じものが異なる場所に設置されることで、様々な場所を包む雲というコンセプトを伝えるとともに、それぞれの場所の違いが見えてくることを狙っています。
藤本壮介は、自身が「原初的な未来の建築」と表現する建築・都市・風景を生み出し、世界中から注目を集めている建築家です。

施工協力:株式会社田中工務店
バルーン制作:有限会社クラウン・ビー
構造設計:東京藝術大学美術学部建築科教授 金田充弘 + 株式会社テクトニカ

鑑賞時間・アクセス

第一会場: 代々木公園 パノラマ広場付近
東京都渋谷区代々木神園町、神南二丁目 代々木公園 〈原宿門〉より
鑑賞時間: 10:00〜18:00

アクセス:
・JR山手線「原宿駅」表参道改札(西口・東口)より徒歩3分
・東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前(原宿)駅」1,2,3出口より徒歩3分
*専用の駐車場はございません。近隣の駐車場は限られておりますので、お車でのご来場は控えていただけますようお願いいたします。




第二会場: 高輪ゲートウェイ駅 改札内
東京都港区港南2-1-220
鑑賞時間: 初電から終電まで

アクセス:
・JR山手線・京浜東北線「高輪ゲートウェイ駅」 改札内

*専用の駐車場はございません。近隣の駐車場は限られておりますので、お車でのご来場は控えていただけますようお願いいたします。

その他注意事項:
・[代々木公園 パノラマ広場付近]パビリオンに隣接して保育園があります。園児との接触事故等には十分にご注意ください。
・[高輪ゲートウェイ駅 改札内]パビリオンは駅改札内に設置されています。駅利用者の通行の妨げにならないように、長時間立ち止まっての鑑賞はお止めください。

設計:藤本壮介

1971年生。東京大学工学部建築学科卒業後、2000年に藤本壮介建築設計事務所を設立。主な作品に〈武蔵野美術大学美術館・図書館〉、ロンドンの〈サーペンタイン・ギャラリー・パビリオン2013〉、フランス モンペリエの〈L’Arbre Blanc〉、最新作〈白井屋ホテル〉など。2014年フランス・モンペリエ国際設計競技最優秀賞、2015年パリ・サクレー・エコール・ポリテクニーク・ラーニングセンター国際設計競技最優秀賞につぎ、2016年Reinventer.paris国際設計競技ポルトマイヨ・パーシング地区最優秀賞を受賞。2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の会場デザインプロデューサーを務める。